コエンザイムQ10のまとめサイト

コエンザイムQ10の効果・効能や美容・アンチエイジングへの活用方法などをまとめてみました。

メインイメージ
画像

コエンザイムQ10の摂取のすすめ

コエンザイムQ10は聞き慣れないことばかもしれません。
別名はユビキノンといいます。体になくてはならない成分のひとつで、細胞の中に存在していてエネルギーを作る働きをしているミトコンドリアという細胞内小器官の膜に含まれています。

コエンザイムの意味は、エンザイムは酵素の英語で、こは酵素に結合して酵素の働きを助けるというものです。
酵素がタンパク質でできていて、大きな分子であるのに対して、コエンザイムはそれに比べるとずっと小さく、また、炭素10こと水素がならんだ鎖野用な構造の油の性質を持った部分があります。

この炭素野鎖の部分でミトコンドリアの膜に埋まっています。
ミトコンドリアで働くコエンザイムQ10は電子を受け取ってシトクロムという別の酵素に渡す働きをしています。

電子を渡して行く間に食べ物から取り入れて細胞に届けられたグルコースなどの糖分の分子の結合のエネルギーを細胞が使えるATPという分子の形にかえて、運動や熱にかえて生きて行くためのエネルギーを生み出して行きます。
このように生きて行くために絶対必要なエネルギーを生み出すために必須の分子なのです。
しかしながら、体の中で作り出せる量は限られているため、摂取が必要です。


特に40代をすぎた頃から体に含まれるコエンザイムQ10量が急速に減少して行きます。
すると代謝の速度も下がってくるので、できるだけ減少を防ぐために摂取することが重要です。

代謝があがると、食べる量が同じでも使う量が増えるので、体重も減少させることができます。
メタボリックシンドロームの予防の観点からも摂取が勧められます。
さらみ、コエンザイムQ10の作用にはミトコンドリアで働く意外に抗酸化作用があります。

抗酸化という言葉は聞いたことがある方も多いと思います。
抗酸化作用のある物質としては、ビタミンCやビタミンEなどが代表的な分子として上げられます。
活性酸素などの酸化作用のある物質が細胞内にあると、ラジカルを発生し、タンパク質などに傷をつけます。

すると細胞がよわり、いわゆるさびた状態、となって、細胞の活性が弱って、老化が促進されます。
ですから、アンチエイジングの観点から抗酸化物質は大変重要です。
このように、細胞の活性化、代謝の更新、アンチエイジングとコエンザイムQ10の摂取は多くの後葉を持っています。

食品にも含まれてはいますが、その量はごく微量ですので上手にサプリメントを利用することも大変効果があると思われます。
コエンザイムQ10を飲むタイミングはこちらを参考にしてください。
とりすぎる必要はありませんので、量を守って健康に過ごしたいものです。
最近コエンザイムQ10の過剰摂取が問題になっているそうなので摂取量は守って飲むようにしましょう。