コエンザイムQ10のまとめサイト

コエンザイムQ10の効果・効能や美容・アンチエイジングへの活用方法などをまとめてみました。

メインイメージ
画像

コエンザイムQ10の摂取時間について

人口減少時代のキーワードの一つにアンチエイジングがあります。
日本の人口は2005年から減少に転じました。
これからは高齢者の占める割合が、ますます増えていきます。
アンチエイジングが実現できれば、元気な高齢者・熟年者が増え、社会に活力が生まれます。
アンチエイジングに役立つ物質として考えられるもの一つにコエンザイムQ10があります。

生命活動に不可欠なものですが、残念ながら加齢と共に減少してしまいます。
これをサプリメントなどで取り入れることができます。
Q10を取り入れることによって元気が出てきて、肌につやが出てきます。
もちろん安全面でも大変優れたものです。
コエンザイムQ10は、アンチエイジングの切り札、もしくは100年に一度の素材などと呼ばれています。

アンチエイジングばかりでなくQ10には、健康面、美容面でも注目を集めています。
私達人間の体内で合成される成分で身体の細胞全てに存在しています。
主な役割は、食事などで摂取した、糖・脂肪、アミノ酸をエネルギーに変えます。
また、細胞を活性酵素による酸化から守り老化を防ぎます。
大変優れた成分なので、トップアスリートなどはQ10の愛用者もかなりいます。
運動による筋肉細胞の破壊を抗酸化作用で防ぐ役割があるからです。

大変優秀なコエンザイムQ10を毎日の食事から摂取するのはかなり大変なことです。
60mgのコエンザイムQ10を食事から摂取するには、例えばいわしであれば6匹から10匹、牛肉は1,2キログラムも摂取する必要があります。

現代人が、このように大量の肉や魚を毎日食べるのはかなりの無理があります。
そこでQ10を効果的に摂取するにはサプリメントがお勧めです。
こちらに2つの協会認定マーク取得のコエンザイムQ10というものについての説明がありますので良かったらご覧ください。

摂取時間も念頭に入れておくとQ10の効果を実感することができます。
Q10は、細胞でエネルギーが作られるために重要な働きをするので、1日の始まりの朝に摂取することをお勧めします。

またQ10は食後に摂取すると吸収率が高いことが確認されています。逆に空腹時だとほとんど吸収されないので、朝食の後に摂取することをお勧めします。
また、Q10を摂取しても疲れがとれない方は、朝食後だけでなく夕食後にも摂取されると効果を実感できます。

Q10の摂取量は、30mg,60mg,100mgなどと言われています。
200mg摂取しても足りない方もいます。
それは年齢体重、Q10の体内含有量にかなりの個人差があるからです。
まずは、毎日100mgのQ10を摂取し、その体験を下に自分似合った量を調節していくのが良い方法です。

コエンザイムQ10は、生きていくうえで必要不可欠な物質体です。
摂取時間を守り毎日続けて摂取することをお勧めします。
こちらにはコエンザイムQ10の健康面への効果効能についてかかれています。
こちらのサイトも是非ご覧ください。